ホーム  >   企業情報一覧  >   森村グループ

森村グループ

森村グループの生い立ち

森村グループの生い立ち

世界最大級のセラミックス企業集団である森村グループのルーツは、1876(明治9)年、森村市左衛門と森村豊の兄弟が設立したわが国最初期の貿易商社森村組にあります。企業体としてこの森村組の直系の流れを受け継いでいるのが、森村商事株式会社です。
明治期に陶磁器や雑貨の対米輸出で大きく発展した森村組は、陶磁器の製造工程に踏み込み、1904年1月、日本陶器合名会社 (のち日本陶器(株)、現(株)ノリタケカンパニーリミテド)を設立しました。その後、1917年5月には日本陶器(株)の衛生陶器部門を分離して東洋陶器(株)(現TOTO(株))が、ついで1919年5月には碍子部門を分離して日本碍子(株)(現日本ガイシ(株))が設立されました。さらに、1919年5月に大倉陶園(現(株)大倉陶園)、1936年10月に日本特殊陶業(株)(日本ガイシNGK点火栓部門等より分離独立)が設立されました。
このような「一業一社」の精神は、市左衛門の「いかなる事業も二兎は追わずに一つの経営に専心すべき」との経営理念が今日のグループ内にも息づいているものと言えます。
森村グループの沿革略図へ
■ 「森村市左衛門の無欲の生涯」出版
1998年の4月、草思社から砂川幸雄著「森村市左衛門の無欲の生涯」が出版されました。
森村グループ形成の裏には、いったいどんな秘密が、どんな歴史があったのか。グループ形成の核になった森村市左衛門とは、いったいどのような人物で、どのような社会的貢献をした人なのか。
これまで一般にはほとんど知られていなかったその崇高な精神と卓越した経営手法とおどろくほど強靭な生き方とが、具体的に生き生きと描かれています。
定価2,000円。

企業ホームページ紹介

株式会社ノリタケカンパニーリミテド
日本を代表する食器ブランド「ノリタケ」。
陶磁器製造で培った技術を発展させ、研削研磨工具、セラミック関連部材、加熱装置などの事業を展開しています。
TOTO株式会社
ウォシュレット、システムキッチンなど水まわり商品やショールームの案内をはじめ、購入店、増改築工事店の紹介、ギャラリー・間、Bookshop TOTOなどイベントや書籍の紹介もあります。
日本ガイシ株式会社
電力の送電・変電で電気の絶縁に使用されるがいしをはじめ、排ガス浄化用セラミックス、電力貯蔵用NAS電池、半導体製造装置用セラミックスなど、セラミック技術でより良い社会環境づくりに貢献します。
日本特殊陶業株式会社
世界の自動車メーカーから高く評価されているNGKスパークプラグ、産業や暮らしを豊かにするNTKニューセラミックの製造・販売を手がける総合セラミックスメーカーです。
森村商事株式会社
窯業、耐火物原料、航空機材、金属、電子工業工業用原材料・製品、化学品、機械プラント、香料・食品、生活用品等の輸出入及び国内販売を行っている、総合商社のホームページです。
株式会社大倉陶園
「良きが上にも良き物を」を理念として、1919年に創立しました。日本における最高級の洋食器メーカーとして、伝統の技法を使い、美術的価値の高い洋食器を作り続けています。

関連団体ホームページ

公益財団法人 森村豊明会
日本における民間助成財団の草分けとして大正3年に森村市左衛門をはじめとする有志により設立され、教育・福祉・学術・文化等の公益事業への助成・協賛を行うことにより、その発展に寄与しています。
公益財団法人 大倉和親記念財団
グループ各社の創業者のひとりである大倉和親氏の志を受け継ぎ設立され、 以来、セラミックスの発展に貢献した研究の表彰や今後の発展に寄与する研究への助成を行っています。
学校法人 森村学園

ページの先頭に戻る