ホーム  >   沿革

沿革

創業期~ 20世紀初頭~ 現代~

創業期

幕末開港以降の貿易は、外商が商取引のイニシアティブを握るいわゆる居留地貿易であった。外商によって輸出入が行われる。それは輸出による外貨はもとより日本の産物によって得られた外貨さえも、居留地の商館を通じて海外へ流出することを意味した。森村市太郎(6代目市左衛門)は、かねてから日本の金・銀と外貨の交換比率について疑問を感じていた。「海外へと流出した日本の富を、国のために貿易を通じて取り戻したい」という強い思いに立ち上がる。


「資料提供協力:日本クラブ(創立100周年記念DVDより)」
1876  明治9
森村市太郎(六代市左衛門)と弟豊が東京銀座四丁目に「森村組」を設立(資本金三千円)
 
3月、豊が横浜からオーシャニック号で渡米
 
11月、佐藤百太郎らと共にニューヨークに「日の出商会」を設立

「資料提供協力:日本クラブ(創立100周年記念DVDより)」

骨董や陶器、団扇や人形などを販売する雑貨小売業を始める。

1878  明治11
豊独立し、「日の出商会森村ブラザーズ」設立
日本から買い集めた雑貨・工芸品などを輸出
1879  明治12
村井保固入社、「日の出商会森村ブラザーズ」店で豊の右腕となって働く

「資料提供協力:日本クラブ(創立100周年記念DVDより)」

森村市左衛門(左)、父五代市左衛門(中央)、豊(右)

オーシャニック号の6名

モリムラブラザーズ(N.Y.)

1880年(明治13年)横浜正金銀行のロンドン支店、ニューヨーク出張所で荷為替が取り扱われるようになり輸出貿易の地盤が固まる。

1881  明治14
「日の出商会森村ブラザーズ」の社名を「モリムラ・ブラザーズ」に変更

陶磁器の輸出に将来性を見いだす。小売りをやめ卸売に転換、陶磁器生地や画付けに工夫改善を重ねる。

1882  明治15
小売から卸売へ転換
1885  明治18
インポート・オーダー(見本品で注文をとり半年~1年後に商品を顧客へ直送)を開始

「資料提供協力:日本クラブ(創立100周年記念DVDより)」

市左衛門と豊

明治の記録帳、神戸輸出送状綴込

箱詰め作業

森村組、売上高における陶磁器の割合が増し、日本の陶磁器輸出の1/3を占める。白色磁器の製造、生地の品質向上を目指す。

1892  明治25
陶業の中心地であった名古屋に営業所設立
市左衛門 北里柴三郎による伝染病研究所の設立を支援
1895  明治28
モリムラ・ブラザーズに意匠図案部設置(陶磁器のデザイン改良に取り組む)
1896  明治29
東京・京都などの陶磁器画付工場を名古屋に集約(明治31年完了)
1897  明治30
合名会社森村銀行設立(大正13年株式会社森村銀行に)
1899  明治32
名古屋店構内に研究所を設置し白色硬質磁器の製造研究を開始
森村豊逝去

絵付け作業

画帖

森村銀行

ページトップ

20世紀初頭

経営の基盤が固まると同時に教育・慈善活動への支援を拡充。

1901  明治34
市左衛門 文化・慈善事業への寄付を目的とする「森村豊明会」を発足
1902  明治35
市左衛門、第一生命保険相互会社(わが国最初の「相互組織」の会社)設立に参画
1904  明治37
日本陶器合名会社を設立(名古屋)
(現株式会社ノリタケカンパニーリミテド)
市左衛門(豊明会) 日本女子大学設立を支援
1910  明治43
市左衛門 森村学園設立
1913  大正2
市左衛門(豊明会) 慶應義塾大学三田大講堂建設を支援
1914  大正3
日本陶器、日本初のディナーセット「セダン」の生産に成功
1916  大正5
国内食器販売会社として合名会社日陶商会設立(名古屋)

「自国産業育成に貢献し国家の為に尽くそう」という森村組創業以来の精神に基づき、衛生陶器開発、碍子製造事業(電力産業に不可欠)を独立・本格化させた。

1917  大正6
東洋陶器株式会社設立(小倉)
(現TOTO株式会社)
日本陶器合名会社を日本陶器株式会社に改組
1918  大正7
株式会社森村組となる(資本金2,000万円)
1919  大正8
9月11日 創立者六代森村市左衛門逝去
日本碍子株式会社設立(名古屋)
(現日本ガイシ株式会社)

日陶、礎石備え付け

森村学園第1回卒業生

神戸森村組

日本陶器のディナーウェア開発成功を背景として、モリムラ・ブラザーズ(New York)はセールスマンを多数採用しながら、百貨店、格安チェーンストア、通信販売会社等と積極的に大量取引をおこなった。米国輸入陶器市場において、日本は次第にシェアを伸ばし、1919年にはトップに踊り出た。

1920  大正9
モリムラ・ブラザーズ社員福祉基金
(Morimura Bros. Employees Benefit Fund)を設置
1922  大正11
市左衛門 程ヶ谷カントリークラブの設立に参画
1925  大正14
日本で輸入第一号となるIBM計算機を日本陶器(株)に納入
日本で初めての代理店になる
1926  大正15
創立50周年
1928  昭和3
森村開作、七代市左衛門を襲名
 
森村組は関係会社6社(日本陶器・東洋陶器・日本玩具・森村商事(森村組の仕入輸出業務代行)・Morimura Bros. Inc.・日陶商会)に対して投資・監督をおこなう立場となる

日陶計算課

M.B.50周年記念(N.Y)

社員福祉 ウッドローン墓地

1929  昭和4
森村銀行、三菱銀行と合併

第二次世界大戦勃発。在米資産凍結。電力も資材も不足している中で当面は国内において陶磁器や雑貨を取り扱う。

1941  昭和16
12月、モリムラ・ブラザーズ(ニューヨーク店)閉鎖

ページトップ

戦後復興期~現代

1946  昭和21
7月、森村組、社名を「森村商事株式会社」に変更(資本金250万円)
1947  昭和22
名古屋営業所開設(現名古屋支社)

当初7代目市左衛門は輸入業務進出について反対だった。「6代目市左衛門が海外に流出した金を取り戻すべく、輸出立国を志して貿易をはじめたもので、輸入はその意に反するものである」と。だが当時はアメリカの景気後退による輸入減少、それに伴う各国のドル不足が顕著化し輸入制限が強化されるという輸出にはきわめて厳しい状況。「原則として輸出産業に貢献する原材料の輸入に限る」ということで了解を取り付け、輸入業務への着手という積極策にでる。当初は窯業・耐火物原料を中心に輸入販売を行った。

1950  昭和25
輸入業務を扱う特品部を設置
1953  昭和28
大阪出張所開設 (現大阪支社)
1959  昭和34
森村不動産株式会社設立
1960  昭和35
森村スタンダード・ウルトラマリン・アンド・カラー株式会社設立(現森村ケミカル株式会社
本社移転(港区虎ノ門1丁目3番1号 森村ビル)
1963  昭和38
アルコア社と代理店契約を締結
同社製品中、メタル関係以外のボーキサイト及びアルミナ化成品等の輸入総代理店権を獲得
1970  昭和45
九州出張所開設 (現九州営業所)
1972  昭和47
モラルコ株式会社設立(岩国)
(現アルマティス株式会社モラルコ工場)
1973  昭和48
岡山出張所開設 (現岡山営業所)

森村ビル全景

アルコア社100周年

モラルコ竣工式

100周年の記念事業の柱として、戦後の森村商事の強い願いであったニューヨークへの回帰が成し遂げられる。以降取り扱い商材を拡充しながら海外にも拠点を展開する。

1976  昭和51
ニューヨーク駐在員事務所開設
(現米国森村商事株式会社)
創立100周年を迎える
1977  昭和52
資本金1億8,000万円に増資
1980  昭和55
米国森村商事株式会社設立(ニューヨーク)
同ロスアンゼルス支店開設
1988  昭和63
欧州森村商事株式会社設立(オランダ)
1989  平成元
マドラス駐在員事務所開設(インド)
(現インド森村商事株式会社)
1991  平成3
チェッチィナッドMB-Fハイシリカプライベートリミテッド設立(インド)
(現チェッチィナッド森村セミコンダクターマテリアルプライベートリミテド)
1995  平成7
香港駐在員事務所開設
1996  平成8
シンガポール森村商事株式会社設立
1998  平成10
BASF社より森村バーディシェ株式会社の株式を取得、全額出資会社とし、社名を森村ケミカル株式会社とする
1999  平成11
小野田森村マグネシウム株式会社設立(土岐)
2000  平成12
ベークライト商事株式会社よりベ商プラスチック株式会社の株式を取得、全額出資会社とする
香港森村商事有限公司設立
2002  平成14
アルコア化成株式会社とモラルコ株式会社が合併、新たにアルコアケミカルズ株式会社として発足(現アルマティス株式会社)
2003  平成15
上海森村貿易有限公司設立
2005  平成17
アルモリックス株式会社設立
2006  平成18
ベ商プラスチック株式会社と合併する
ベトナム駐在員事務所開設
創立130周年を迎える
2007  平成19
香港森村商事有限公司深圳駐在員事務所開設
2008  平成20
香港森村商事有限公司ハノイ駐在員事務所開設
サーテックMMCジャパン株式会社設立(東京)
2009  平成21
森村貿易(深圳)有限公司設立
東邦マテリアル株式会社設立(茅ヶ崎)
2010  平成22
森村商事アジア株式会社設立(タイ)
インド森村商事株式会社設立
2012  平成24
インド森村商事株式会社 グルガオン支店開設
2013  平成25
台湾森村股份有限公司設立
2015  平成27
資本金4億5,000万円に増資
2016  平成28  5月
本社移転(港区虎ノ門4丁目1番28号 虎ノ門タワーズオフィス)
10月
創立140周年を迎える

Chettinad Morimura Semiconductor Material Pvt. Ltd

上海森村貿易有限公司

東京本社外観

ページトップ

ページの先頭に戻る